HOME学科紹介会計学科 学科紹介

会計学科紹介

会計からビジネスを考え、実務レベルを高める学び。将来を見据えて「資格」取得に意欲的な学生も多数。
会計にまつわる幅広いカリキュラムから自分の興味に基づいて授業を選んで計画的に「お金のスペシャリスト」をめざせる会計学科。資格取得へのバックアップや財務、管理、ファイナンスなど専門ゼミでの企業研究も活発に行われています。

会計学科紹介

4つの学び分野

初級簿記から丁寧に指導し、幅広い会計学の知識を身につけます。

初級簿記

初級簿記

会計学を学ぶために必ず理解しておきたい基礎知識となる簿記。初級簿記では、個人企業の経済活動を想定した簿記の基本的な仕組みを学び、問題演習を重ねて確実に知識を身につけます。

財務会計論

財務会計論

企業活動において株主や取引先などの利害関係者に対して必要な財務情報の報告を主な目的とする財務会計。この講義では、会計処理と伝達に関する理論と制度を体系的に理解します。

経営分析論

経営分析論

企業経営の要素となる〈ヒト、モノ、カネ、情報〉などを分析し、会計情報として統合するための技法を学ぶ経営分析論。法制度の規制を受けて公開される会計情報の特質を理解します。

会計監査論

会計監査論

企業経営の要素となる〈ヒト、モノ、カネ、情報〉などを分析し、会計情報として統合するための技法を学ぶ経営分析論。法制度の規制を受けて公開される会計情報の特質を理解します。

資格取得

会計=簿記だけではありません。さまざまな資格・免許の取得を目指せます。
会計学は、身の周りのことや経営学、マーケティング、流通とも密接に関わり合う奥が深い学問。各専門を持つ先生の指導で幅広い資格を取ることも可能です。安定した人気の「公認会計士」や「税理士」のほかにも近年注目を集める「ファイナンシャル・プランナー(FP)」や「証券アナリスト」など、会計学の専門知識を修得しお金の流れを分析できる能力を身につけることで、進路としてさまざまな分野が考えられるようになります。

●日商簿記検定●税理士●公認会計士●中小企業診断士●証券アナリスト●国税専門官●ファイナンシャル・プランナー●米国公認会計士●高等学校教諭一種免許状(商業)●TOEIC®●TOEFL®●BATIC(国際会計検査)®

学科DATA

2016年5月1日 現在
取得できる学位
学士(商学)
人数
学生  313名
留学生 12名
留学生比
留学生3.8%日本人学生96.2%
  
※留学生は外国籍学生を示します。
学生男女比
男子209人女子104人
67% 33%
興味のキーワード
IFRS(国際会計基準)/IR(投資家向け広報)/M&A(合併買収)/営業キャッシュフロー/為替/J-REIT/不正会計/会計監査/環境会計/監査法人/会計ビッグバン/経営分析/原価計算/コーポレート・ガバナンス/先物取引/財務/財務諸表/資格取得/ステークホルダー/ストックオプション/租税法/タックス・ヘイブン/手形/バランスシート(貸借対照表)/フィンテック
関連する資格・試験
  • 日商簿記検定
  • 税理士
  • 公認会計士
  • 建設業経理検定
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 証券アナリスト
  • 国税専門官
  • ファイナンシャルプランナー
  • 高等学校教諭(商業)
  • TOEICR
  • TOEFLR
  • 米国公認会計士
  • 国際会計検定(BATIC)
活躍が期待される
フィールド
  • 監査法人
  • 税理士法人
  • 会計事務所
  • 企業の経理
  • 企業の財務
  • コンサルタント
  • 銀行
  • 証券会社
  • 保険会社
  • NPOの経理
  • 教員(高校)
  • 国家公務員
  • 地方公務員
  • 大学院進学

トピックス

資格取得をサポートする「会計学習支援室」を設置しています。
会計学科では、1年次終了までに日商簿記検定2級合格、2年次終了までに1級合格を目標にしています。「会計学習支援室」では、ティーチングアシスタントが常駐し、資格試験に挑戦する学生を強力にバックアップ。授業でわからないことや今後の学習計画への相談にも応じています。

資格取得をサポートする「会計学習支援室」を設置しています。

TOOLS