HOME商学部NEWS
2017年07月10日ゼミ

田嶋ゼミナールが実務家に広告に関するプレゼンテーションを行いました

マーケティングを研究する商学部田嶋ゼミナールは、7月4日(火)、日清食品ホールディングス株式会社の宣伝部の方をゲストスピーカーとしてお招きして、話題の広告に関するプレゼンテーションを行いました。事前にゲストの方からは「話題になった広告プロモーション事例とその理由について」という課題をいただき、学生達は約1か月間、実際に多くのCMや動画を視聴してプレゼンテーションに向けて準備を進めてきました。

 当日のプレゼンテーションでは、話題になる広告の理由として、「10代の若者には、理性よりも感情、感情も恋愛よりも共創感」「ながら視聴を逆手に取る」「キャッチコピーは耳に残る日常の掛け声で考える」など、学生ならではの視点からプレゼンテーションを行いました。
 ゲストの方からは一つ一つの発表に丁寧なコメントをいただいた上、実際に話題となった同社商品のカップヌードルやチキンラーメンのCMやWEB動画について解説していただきつつ、CM作成の姿勢や理念について語っていただきました。学生たちにとっては、普段何気なく見ているCMの裏側を垣間見ることができたことで、広告やマーケティングを仕事にすることの面白さや大変さについて考える良い機会となりました。

20170710tajima_seminar01

実務家を前にしたプレゼンテーションの様子

20170710tajima_seminar02

ゲストの方と記念撮影

TOOLS