HOME商学部NEWS
2018年05月28日NEWS

【商学部】宮地ゼミナールがRIS2018キックオフに参加

拓殖大学商学部の宮地ゼミナールが、全国学生保険学ゼミナール (Risk and Insurance Seminar、通称RIS) 2018の関東キックオフミーティング(2018年5月12日、上智大学四谷キャンパスで開催)に参加し、2報告を行いました。

20180528ris2018_01

ゼミ生の集合写真

RISでは、保険・リスクマネジメントなどを学ぶ学生・教員・実務家が一堂に会し、活発な意見交換がなされます。今回の関東キックオフミーティングでは、7大学(上智大学、拓殖大学、東京理科大学、日本大学、武蔵大学、明治大学、早稲田大学)が報告しました。
関東、関西、九州の各地区で行われるキックオフミーティングおよび中間報告会を経て、12月22日・23日に、全国大会が関西大学で開催される予定です。全国大会に参加する各ゼミナールは、2019年1月末までに研究成果を論文にまとめます。それらは冊子化されるとともに、RISホームページでも公開されます。RISホームページ

20180528ris2018_02

報告の様子

ゼミ生から一言

<1班> 報告テーマ「AIによる人間の職業の危険性について」 

金 凡洙 さん(商学部経営学科3年)

以前から人前に出て話す機会に多く恵まれてきたためか、今回の報告では、しっかりと自分の役割を果たすことができたように思います。他大学の方々の報告も大変興味深く、私の見識の及ばない概念をテーマに取り扱った報告では、また一つ視野が広がった思いです。そういった実り多いキックオフでしたが、課題点も多く見つかりました。11月の中間報告会までに班のメンバーと話し合い、協力して更に質を高めていく所存です。

大塚 希未 さん(商学部国際ビジネス学科3年)

大勢の前で報告することの難しさや伝え方の良し悪しについて、「話す立場」と「聞く立場」の両方を経験したことで、多くのことを学べた1日になりました。

中山 浩太 さん(商学部国際ビジネス学科3年・1班班長

今回、RISの活動において初めて人前に立ち、報告したことでかなり緊張しました。ですが、キックオフだからこそ楽しめたのかなとは思いました。中間報告会、全国大会に向けてさらに焦点を絞って完成度を高めることを、班員みんなで協力して頑張っていきたいと思います。懇親会でも、他大学の学生や先生方と話し、いろいろなことをうかがえたので為になりました。

山本 美月 さん(商学部国際ビジネス学科3年)

今回初めて他大学の学生や先生方がいる前で報告をさせていただき、すごく緊張しましたが良い経験になりました。反省点や学ぶこともたくさんあったので、それを次回に活かし、今回よりも良い報告ができるようにしたいと思います。

吉荒 楓 さん(商学部国際ビジネス学科3年)

初めてのRISで緊張や、不安が大きかったですが、無事に発表を終えることができてよかったと思います。自分たちなりに課題を見つけることができたので、中間報告会に向けて準備を始めていきたいと思います。また、宮地ゼミナール全体として、もっと意識を高めていかなければならないと強く感じたので、少しずつ改善していきたいと思います。

LE THI THU さん(商学部国際ビジネス学科3年) 

大学に入ってから、他大学の学生や先生方と交流することは初めてですので、とても楽しくて良い経験でした。他大学の優秀な学生と一緒に学ぶ機会を得て、もっと頑張らなくてはと思いました。

TANG THI KHUE さん(商学部国際ビジネス学科2年)

5月12日、上智大学で開催されたRISキックオフに参加しました。日本の有名大学の学生と一緒に参加しました。とてもよい経験でした。日本の保険についてよく理解できたし、いろいろなテーマがあったので楽しかったです。懇親会では、みんなと仲良くできたと思います。ゼミナールは授業ですが、楽しく、多くの出会いがあって授業の感じがしないです。拓殖大学のゼミ生は皆、よく頑張ったので、ファーストインプレッションもよかったのではないかと思います。

20180528ris2018_03

懇親会の様子

<2班> 報告テーマ「日本のキャッシュレス化に伴う消費者のリスク」  

中村 周平 さん(商学部経営学科3年・2班班長・ゼミナール代表

2018年度RISキックオフでは、何をどのように研究したいかを、自身の中でしっかりと落とし込んで報告が出来たと思います。また、アンケート調査に関して貴重なご意見や、ご指摘を頂くことも出来ました。11月17日の中間報告会に向け、今後、何をすべきなのかよく考えて、研究を進めていきたいと思います。

日俣 沙亜希 さん(商学部経営学科3年)

大勢の前でプレゼンテーションを行うのは初めての経験でしたが、緊張せずに話すことができました。11月の中間報告会では、今回よりもレベルアップした報告ができるように班のみんなと協力して頑張りたいと思います。

三輪 真也 さん(商学部経営学科3年)

私にとって初めてのRISでしたが、とても楽しく勉強になりました。他大学の報告や宮地ゼミナールのもう一つの班の報告をみて、とてもよい刺激になりました。中間報告会や全国大会では、私も堂々とした報告ができるよう努力していきたいです。

山本 賢 さん(商学部経営学科3年)

テーマを決め、みんなで協力したことで内容も深く調べることができ、より良い報告に仕上がったと思います。自分でも納得のいく報告ができました。ゼミ生の自己紹介の時に笑いが起き、緊張がほぐれたせいか肩の力が抜けて、よい状態で報告が出来たと思います。 中間報告会も、みんなで協力して頑張りたいと思います。

杉浦 莉子 さん(商学部国際ビジネス学科3年)

トップクラスの大学の方達がいるなかで、とても緊張しましたが、集中して準備してきたことを報告できて良かったです。 他大学に負けないようなよい報告ができるようにがんばっていきたいです。

木村 匡毅 さん(商学部経営学科2年)

RISのキックオフ、とても良い経験となりました。他大学の報告を聞いて、多くの知識・情報を身につけることが出来ました。実務家の方々からのフィードバックもいただき、今後より多くの知識・情報が身につきそうな予感がします。

千葉 修平 さん(商学部国際ビジネス学科2年)

本格的なプレゼンテーションもあったので、とても勉強になりました。良いプレゼンテーション、悪いプレゼンテーションの違いもわかったので、今後、プレゼンテーションをする際に活かしていきたいと思います。

奈良田 我生 さん(商学部国際ビジネス学科2年)

自分も早く論文を書きたくなりました。私は、「認知症と保険」という題材で論文を書きたいと思っています。認知症患者の為の保険ではなく、認知症患者を持つ家族に対する保険を研究していきたいと思います。今回のキックオフで自分が書きたい論文のテーマが固まりました。とても良い経験になりました。

MARIANTI さん(商学部国際ビジネス学科2年)

今回、上智大学でRISのキックオフに初めて参加したことは、本当によい機会だったと感じています。 2年生は報告しませんでしたが、自己紹介をさせて頂いて本当に嬉しかったです。他大学にも新しい友達ができました。物凄く良い経験になったと思います。自分もこれから先輩達の発表などを見習って頑張りたいです。

RATU SONIA BADRIAH さん(商学部国際ビジネス学科2年)

日本に来てから三年間で、「運命」 と「感謝」というものを感じる経験がたくさんありました。今までの選択や、色々なタイミングについても、様々なことを感じてきました。留学してから今まで、本当にやりたいことが見つかりませんでした。でも、キックオフに参加して、私の考えは変わりました。初めて会う方々と話し、色々な情報を交換しました。他大学の先生や実務家の方々からのアドバイスをうかがい、やはり後悔のないように人生を送りたいと感じました。よい経験になりました。

劉 伃珍 さん(商学部国際ビジネス学科2年)

今回のキックオフで初めて、ゼミナールの先輩達が他大学の学生と一緒に、経済や保険・リスクの問題についてプレゼンテーションするのを見せていただきました。様ざまな報告があり、よい経験をいただきました。今度、私がプレゼンテーションする際に、「どのような準備すればよいか」、「どうやってテーマを決めるのか」を考えるうえで、キックオフの参加はよい勉強になったと思います。

TOOLS