HOMEゼミナール Pick UPゼミ

Pick UPゼミ

全て閉じる
全て開く
安積淳ゼミナール「戦略経営・イノベーション実践と情報通信技術」

安積淳ゼミナール「戦略経営・イノベーション実践と情報通信技術」

問題はどこに?カイゼンのための課題発見力を磨く
ある企業が、自社の強みや特徴を活かし、オリジナリティを保ち続けるには、どんな戦略が必要でしょうか。あるいは、これまでにない、新たな価値を生み出すためには?

安積ゼミでは、身近なビジネスの例から企業の戦略を分析、経営を支えるためのICTシステムの構築までを、実践的に学びます。

そのステップの一つが、付せん紙を使った「問題発見」グループワーク。ゼミのメンバーたちは対象となる企業や組織、ビジネスの事例について調べ、問題・課題だと考えられる項目をピックアップしていきます。メンバーそれぞれの視点や知識、能力を組み合わせて問題を発見し、整理する。こうした経験を通して、実社会でも役立つ能力が鍛えられていきます。
太田実ゼミナール「旅行産業論」

太田実ゼミナール「旅行産業論」

仲間との議論がつくり出す魅力的な「観光」
多くのビジネスの基本となるのは「受け手(顧客・消費者)のニーズ(要求、需要)に応える商品やサービス」をつくりだすこと。そして「新しい価値を持った商品」や「今までにない楽しさが感じられるサービス」を生み出して、新たなマーケットを創造することです。

太田ゼミが研究対象とするのは、旅行業界におけるビジネス。どんな商品(パッケージツアーや観光スポット、サービス)なら、より多くの利用客に旅の楽しさを提供できるのか。新たな魅力を持った旅行ビジネスを探して、ゼミのメンバーは議論を重ねます。

旅行業界からゲスト講師を招いて現場の話を聞く機会を設けるほか、「旅行業務取扱管理者」などの資格取得に向けたサポートも。
田嶋規雄ゼミナール「消費者行動とマーケティング戦略」

田嶋規雄ゼミナール「消費者行動とマーケティング戦略」

あの商品、なんで人気なの?そのヒミツを探る・調べる・考える
ある商品やサービスがヒットする背景には、企業による「マーケティング戦略」があります。消費者の関心をひく製品コンセプトをもとに、プロモーションの方法を検討、手に届きやすい販売ルートや価格を設定する…適切なマーケティング戦略を実現するためには、ターゲットとなる消費者についての理解が欠かせません。田嶋ゼミでは実際の商品やサービスなどの比較分析を行い、心理学をはじめとする学問的な視点と、アンケート調査、データ分析など複数の手法を実践し、消費者の姿に迫ります。

あの商品は、なぜ人気なの? どうすればもっと売れるかな? そんな問いへの答えを探して、仮説を立て、企業への取材や消費者へのリサーチで検証します。
中村竜哉ゼミナール「FP の資格をとってパーソナル・ファイナンスの
専門家をめざす」

中村竜哉ゼミナール「FP-の資格をとってパーソナル・ファイナンスの専門家をめざす」

研究論文の執筆と将来に活かせる資格の取得に挑戦
「FP(ファイナンシャル・プランナー)」は、個人の資金計画や生活設計について助言を行う専門家。中村ゼミでは論文の執筆とともに、学習の一環としてFP資格取得に挑戦しています。その成果は、学外のコンクールでも証明されています。2015年、中村ゼミの4年生(当時)が「第6回 FP向上のための小論文コンクール」に共同論文を投稿、奨励賞を受賞しました。このコンクールは学生だけでなく実務家や研究者とともに競い合うものです。実際、ほかの受賞者は都市銀行や生命保険勤務者などの実務経験者でした。

ゼミのメンバーはほとんどが「FP技能士3級」の資格を取得しており、社会人と互角に競い合える能力を身につけていたことが示されました。
堂野崎衛ゼミナール「現代流通とマーケティング研究」

堂野崎衛ゼミナール「現代流通とマーケティング研究」

地域のイベントにボランティアとして参加。体験を通して地域貢献について考える
「鋳物のまち」として知られる、埼玉県川口市。2012年から「川口ストリートジャズフェスティバル」が開催され、毎年多くの観客を集めています。このイベントに毎年ボランティアとして参加しているのが堂野崎ゼミのメンバーです。当初は開催当日のサポートだけでしたが、2015年からは企画会議にも参加。川口商工会議所青年部の方々と一緒に、イベントの成功に向けてディスカッションを重ねています。

こうした取り組みに携わる経験から、現実にまちが抱える問題を理解し、まちの賑わいを取り戻すための方策について地域の人たちと一緒になって探ることで、大学生としてできる地域貢献とは何か、地域活性化とは何かについて考えるきっかけとなっています。

TOOLS