HOMEゼミナール ゼミの特色

ゼミの特色

ゼミナールで社会とつながる

社会に出て働くということは、人とのつながりを持つこと。消費者やクライアント、また、同じ会社の人ともつながりを持って仕事をすることになります。
ゼミナールとは、特定のテーマのもとに教員と学生、あるいは学生同士がディスカッションして学ぶ、少人数制授業のこと。4 年間で100 以上のゼミナールの中から選ぶことができるので、広いつながりをつくってみましょう。

ゼミナールで社会とつながる

1年次
「スタディスキル」で、ゼミの下地づくり。大学ならではの学び方を身につけましょう。各自の興味の特性から、学びたい「何か」を見つけ出し、2年ゼミにつなげていきます。

2年次
より専門性の高い研究テーマへの導入として、ジャンルごと(経営、経営情報、流通・マーケティング、国際ビジネス、ビジネスコミュニケーション、会計・法律、教養・教職、語学)に基礎内容を学びます

3-4年次
見つけ出した「学びたいテーマ」を追求する時期に。少人数ゼミならではのディスカッションを重ね、より広く、より深く知識を獲得していきます。知識だけなく、社会で活躍するための能力を幅広く修得します。
自分に合ったゼミを見つけてみましょう!

仲間と一緒に学びの場をつくる「商学部ゼミ連合」

ゼミでの学習内容は、担当する先生の専門領域や研究テーマによってさまざま。だから、自分の興味や志向に合ったゼミを選ぶことが大切です。そこで頼りになるのが「商学部ゼミナール学生連合」。各ゼミに所属する学生たちが集まり、自主的に活動を行う学生団体です。「ゼミの特徴などを紹介するガイドブックの制作や相談会を通して、ゼミ選択に向けた情報提供を行っています。また、合同の特別講義やディベート大会、新入生歓迎イベントやボーリング大会なども実施しています。商学部のゼミ活動、そして商学部全体を盛り上げていければと考えています」(代表・猪谷直矢さん)学生が自ら参加して学びの場をつくる、拓大商学部ならではの活動です。

仲間と一緒に学びの場をつくる「商学部ゼミ連合」

学びと研究の成果を示す「ゼミナール合同発表会」

商学部のゼミは、扱うテーマによって8つの分野に分けられています。
  • 企業経営を主なテーマにする「経営」
  • 流通や宣伝を扱う「流通マーケティング」
  • 経営とICTの関わりを研究する「経営情報」
  • 財務会計と法律に関する「会計・法律」
  • グローバルな動きを捉える「国際ビジネス」
  • “間”をつなぐ「ビジネスコミュニケーション」
  • 文化理解および教職を目指す「教養・教職」
  • 言語について学び、研究する「語学」
分野ごとに複数のゼミが合同で開催する発表会では、日ごろの学習と研究の成果を発表。ほかのゼミの学生や先生からの質問・指摘に応える経験は、自分たちのとりくみを振り返るとともに、新しい課題の発見にもつながります。

学びと研究の成果を示す「ゼミナール合同発表会」

学外での研究発表会に参加

今村哲ゼミナール/島内高太ゼミナール/潜道文子ゼミナール

ゼミで行われる専門的な学習・研究。その成果発表の場は、学内だけにとどまりません。毎年恒例となっている「他流試合」のひとつが、今村ゼミが参加する「三大学交流研究発表会」。参加大学の各ゼミが発表を行い、その内容をもとに議論を深めていきます。島内ゼミでは、近隣の大学との研究交流会に加え、研修旅行の訪問先にある大学とも交流会を実施。参加した学生たちは「自分たちとは違う視点に触れ、学ぶことがたくさんあった」と、大きな達成感を得たようです。また潜道ゼミでは、8大学のゼミが参加した「企業の社会的責任(CSR)」をテーマとする研究発表会に参加。「正解のない問い」の答えを探して、チーム内での議論を重ねました。

競争相手は、キャンパスの外だ

TOOLS