HOME就職・キャリア 社会人基礎力育成グランプリ

社会人基礎力育成グランプリ

社会人基礎力とは「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として経済産業省が提唱しているもので、社会へと巣立っていく学生に必須となる「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力から構成されています。
 
また、学生生活における様々な活動を通してこの社会人基礎力がどれだけ身に付いたかを競う大会として、例年「社会人基礎力育成グランプリ(主催:一般社団法人 社会人基礎力協議会)」が開催されています。商学部では、学生たちの社会人基礎力育成に積極的に取り組み、毎年多くのチームがグランプリに出場しています。

学内選考会1

学内選考会

学内選考会2

令和2年度の大会は、まず2020年12月19日(土)に拓殖大学の学内選考会がおこなわれ、その後明けて2021年2月16日(火)に北海道・東北・関東地区予選が、そして3月17日(水)に全国決勝大会が開催されました。本学からは地区予選を通過した商学部経営学科(潜道文子ゼミナール)が全国決勝大会に進み、全国各地の予選を勝ち抜いた6大学のチームと活動の成果を披露し合いました。
第14回目となる今年度の大会は新型コロナウイルス感染症の流行下という環境においておこなわれ、学内予選は対面・オンラインのハイブリッド形式、地区予選と全国決勝大会はオンラインにて開催されました。例年とは異なる困難な状況ではありましたが、出場各チームの学生たちそして運営スタッフ(同じく学生たち)、関係教職員が工夫をこらしたことで、教育への情報技術の活用方法や、参加者間のコミュニケーションの在り方などを問い直すことができる、新時代を象徴する大会になりました。

スタッフの学生達

スタッフの学生たち

地区予選

地区予選

全国決勝大会

全国決勝大会

TOOLS