HOME商学部NEWS
2015年10月15日ゼミ

島内ゼミナール「未来に残したい企業・経営」をテーマに他大学ゼミと研究交流会を実施

商学部島内ゼミナールでは、毎年、夏季休暇を利用して他大学の経営学ゼミナールとの研究交流会を実施しています。今年は「未来に残したい企業・経営」をテーマに掲げ、2回の交流会を行いました。


研究交流会での島内ゼミの発表テーマは以下の通りです。

●環境班(鈴木郁美、軽部成美、藤本幸佑):再生可能エネルギー革命
●ロボ太班(谷藤愛唯美、高野渡、熊谷智喜):ロボット革命
●WLB班(栄幸成、堀田凌司、柏木満、田村舞純):人が余裕を取り戻す社会


第1回交流会は、2015年9月7日(月)に拓殖大学文教キャンパスにて実施しました。
島内ゼミ4年生(韮塚翔太朗、荒尾惇、草野直樹、小林和貴、堤千春、間中由利香、久保京舟:何れも商学部)が実行委員会を担い、駒澤大学経営学部藤原ゼミ、玉川大学経営学部山田ゼミ、拓大島内ゼミの3ゼミナール7班(いずれも3年生)が参加し、研究発表と活発な議論が行われました。
 

20151015_shimauchi05

(積極的にディスカッションに参加する栄君、堀田君[右から])

第1回交流会の参加者

また、島内ゼミは2015年9月10~12日の3日間、夏季研修旅行として福岡を訪問し、その一環として9月10日に福岡大学商学部藤野ゼミと交流会を実施しました。両ゼミから6班が参加し活発な議論を行いました。(この研修旅行では、読売新聞社による「新聞読みこなしテクニック講座」やアサヒビール福岡工場の工場見学にも参加し、大変充実したものになりました)


 

なお、鈴木郁美さん(国際ビジネス学科3年)と高野航君(経営学科3年)は、プレゼンテーションや質疑応答での頑張りを評価する個人賞を受賞しました。

参加者からの一言

藤本 幸佑 君(経営学科3年)
この夏、「未来に残したい企業・経営」というテーマの下、他大学と研究発表会を行いました。他大学の学生との交流により、自分たちとの視点の違いに学ぶことが多くありました。今後もこのような機会があれば積極的に参加したいです。

鈴木 郁美 さん(国際ビジネス学科3年)
7月から研究発表会に向けて準備に取り組み、夏休みも集まり研究しました。資料を集め、レポートを作成し、パワーポイントを作成していくのは大変でしたが、達成感を得ることができました。

 

 

 

20151015_shimauchi02

(介護ロボットの開発・普及に関する研究発表をする谷藤さん、高野君、熊谷君[右から])

20151015_shimauchi03

(ワーク・ライフ・バランスに関する研究発表をする柏木君、田村さん、堀田君[右から])

20151015_shimauchi04

(波力発電開発に関する研究発表をする鈴木さん、藤本君、軽部さん[右から])

20151015_shimauchi01

TOOLS