HOME商学部NEWS
2016年11月08日NEWS

長尾ゼミナールが環境省推奨「ひと涼みアワード2016」声かけ賞・子ども家庭部門最優秀賞を受賞しました

10月28日(金)午後、東京ウィメンズプラザホールにて「ひと涼みアワード2016」授賞式が行われ、長尾ゼミナール代表4名が出席しました。
「ひと涼みアワード」とは、熱中症予防対策に関する優れた社会活動に贈られるもので、イベント賞、企画賞など28部門があります。

長尾ゼミナールは、声かけ賞・子ども家庭部門最優秀賞を受賞しました。
当日は授賞式に続いて、全応募者数652の中から各部門における最優秀賞チームがプレゼンテーションを行い、トップランナー賞が来場者の投票によって決定されました。

ゼミ生4名は、練習を重ねベストを尽くしましたが、残念ながらトップランナー賞の受賞には至りませんでした。
しかしながら、企業や自治体などのプロフェッショナルで素晴らしい取り組みが発表されるなか、唯一学生団体として健闘しました。
この賞を励みに、今後も熱中症対策の取り組みについて企画、活動していきたいと思います。

商学部国際ビジネス学科・長尾ゼミナール3年

植松ゆかり(リーダー)
栗原ひかる
平良理紗
本谷光

20161108長尾ゼミ_ひと涼みアワード01

左から栗原さん、植松さん、平良さん、本谷さん

20161108長尾ゼミ_ひと涼みアワード02

賞状を受け取るリーダーの植松ゆかりさん

20161108長尾ゼミ_ひと涼みアワード03

ハロウィーンの帽子をかぶってさあ発表!

TOOLS