HOME商学部NEWS
2018年09月27日ゼミ

堂野崎ゼミナール 「川口ストリートジャズフェスティバル2018」にボランティアとして参加しました

堂野崎ゼミナールでは、毎年、ゼミ活動の一環として「まちの活性化のために学生が出来ること」をテーマに地域ボランティア活動に参加しています。
 
9月15日(土)、16日(日)に埼玉県川口市で開催された「川口ストリートジャズフェスティバル2018」(通称:川口フェス)へ、堂野崎ゼミに所属する4年生(15名)、3年生(17名)、2年生(9名)の計41名がボランティアとして参加してきました。
 
川口フェスは、川口市を「音楽の溢れるまち」にするために、地元川口商工会議所を母体とする川口フェス実行委員会が主催する、音楽を通じて川口市を盛り上げる地域活性化イベントです。演者の多くは川口市内を中心に活動する様々な音楽ジャンルのアーティストで、今年で7回目を迎える同イベントに堂野崎ゼミでは1回目から参加しています。
 
私たち堂野崎ゼミでは8つの会場を担当し、会場設営、会場警備、会場案内やタイムキーパー等の様々な役割を担いました。
各会場には、多くの来場者が足を運んでくださり、熱演するアーティストの音楽に耳を傾けて川口フェスを楽しんでいらっしゃる姿がとても印象的でした。
 
さらに今年は、堂野崎ゼミから飲料ブースと縁日ブースの2つのブースを出店しました。出店にあたり、販売する商品アイデア、価格設定、POP作成から販売方法まで全て考え、その中で目標利益の達成を目指して販売活動を行いました。企画から販売に至るまでの一連の貴重な体験をすることができました。
 
私たちはこのイベントを迎えるにあたって、企画段階から会議に同席させていただき、川口フェス実行委員会の方々と意見交換をしながら、川口フェスの成功に向けて準備を進めてきました。今年は2日間開催で行われ、初日は悪天候に見舞われたり、当日の人員配置変更など予期せぬことも多々ありましたが、無事に川口フェスを実施することができたいへん有意義な時間を過ごすことができました。
 
この活動を通じて地域活性化に取り組む地元商工会議所の方々の「川口のまちに賑わいを」という熱意を間近に感じ取ることができ、1つのまちが盛りあがる姿を実感することができました。また、こうしたイベントを実施することの難しさや人と人とのつながりの大切さを感じることができ、たいへん貴重な体験をさせていただきました。
 
川口フェス実行委員会の皆様、川口市民の皆様、川口フェスに参加していただいた皆様、ありがとうございました。来年も堂野崎ゼミ一同、川口を盛り上げるお手伝いに伺いたいと思います。

参加学生の感想

商学部 国際ビジネス学科 3年 大谷 眞子 さん
 
川口フェスに参加して、普段の生活ではなかなか得ることができない貴重な経験をすることができました。私は大学に入学してからボランティアには参加したことはありませんでした。また、今まで川口市には行ったことがなく、フェスも初めてだったので準備を進めようにも全体のイメージが掴めず、当日まで不安な部分もありました。しかし、実際に体験してみるとフェスの実行委員の方々が戸惑う私たちに丁寧に教えてくださり、楽しく参加することができました。ゼミで出店した店舗も来場者に本当に喜んでもらえるかと不安に思っていましたが、当日はゼミ生全員で協力して、真面目にかつ楽しくやれたと思います。この夏はゼミ合宿と川口フェスのボランティアが同時期にあり、普段はゼミの時間くらいしか揃わないゼミメンバーと1週間ずっと一緒にいることができたので、みんなとの距離が一気に縮まり嬉しく思っています。


商学部 国際ビジネス学科 3年 西舘 多希人 君
 
堂野崎ゼミの2年~4年生はボランティアという形で川口フェスに参加させていただいたことによって、とても貴重な経験をさせていただきました。テントや椅子などの準備や駅構内での案内など、地域の方々と触れ合うことがとても新鮮で楽しかったです。さらに今年は、自分たちで売るものを考え、販売をするということにも挑戦させていただきました。どうすれば売れるのかを考えることによってマーケティングや販売のことについて考えるいいきっかけになったと思います。こうした地域活性化のイベントに運営する側として関われる機会はあまりないことで苦労も多かったですが、終わった後はとても充実感があり、有意義な時間を過ごせたと思います。

商学部 経営学科 3年 五十嵐 千穂 さん
 
ボランティア班として、企画から川口フェスに関わり夏休み中も何度も大学に集まり作業を進めて大変でしたが、ゼミ生全員で協力して活動できたこと、川口フェスを通して地域の方々と交流を持てたことはとてもいい経験になりました。
ジャズを聴くことのない私にとって、まったく未知の世界でしたが、地域の方から出演する演者の方のことを教えてもらったり、好きな歌手が出演するという話を聞くことができてとても楽しかったです。
会場の運営だけではなく、堂野崎ゼミナールとして飲料や縁日を出店し、成功するか不安でしたが、みんなの協力のおかげで楽しく行うことができました。こういう機会がなければこのような体験はできなかったと思うので、参加できてよかったと思います。

20180927_jazz_02

川口フェス実行委員の方々との集合写真(アリオブース)

20180927_jazz_03

JR川口駅構内での川口フェス案内ブース

20180927_jazz_01

キュポラ広場での案内ブース

20180927_jazz_04

堂野崎ゼミナールで出店した飲料ブース
報告:商学部 経営学科 4年 鈴木 風汰
文責:商学部 堂野崎 衛

TOOLS