HOME商学部NEWS
2020年11月19日NEWS

田嶋ゼミが実務家に広告プランニングのプレゼンテーションを行いました

マーケティングと消費者行動を研究する商学部・田嶋ゼミナールは、11月10日(火)、㈱サイバーエージェントでプロデューサーとして広告のプランニングやタレントなどのYouTube制作に携わるゼミOBを招き、広告プランニングの提案を行いました。
ゲストの方からは事前に「ビールを自分達と同世代にもっと売るための広告表現/戦略を考える」という課題をもらい、学生達はマーケター、コピーライター、プランナー、アートディレクター、プロデューサーとグループで役割を決め、実際の広告制作さながらのプロセスを体験しました。約1か月半、ビールに関する資料を調べたり、実際に広告を制作したりしながら、プレゼンテーションに向けて準備を進めてきました。
プレゼンテーションはZoom上で行われ、ターゲット設定、広告コンセプト、マス・デジタル戦略の方針、予想される広告効果などが説明された後、実際に自分達で撮影・制作した広告映像を流しました。ゲストからは一つ一つの発表に丁寧なコメントをいただき、学生達にとっては、広告やマーケティングを仕事にすることの面白さや、大変さについて考える良い機会となりました。

Zoom上でのプレゼンテーションの様子

Zoom上でのプレゼンテーションの様子

自分達で制作した広告をプレゼンテーションの中で披露しました

自分達で制作した広告をプレゼンテーションの中で披露しました。

予想される広告効果も数値化しました

予想される広告効果も数値化しました。

TOOLS