HOME商学部NEWS
2021年02月08日NEWSゼミ

潜道ゼミナールと長尾ゼミナールとの合同ゼミ研究発表会が行われました

2021年1月16日(土)、商学部 潜道ゼミナールと長尾ゼミナールによる合同ゼミナールが開催されました。潜道ゼミナールからは4年生5名が卒業論文を、長尾ゼミナールからは4年生2名が卒業論文、3年生3グループが研究発表を行いました。
 
今回の合同ゼミにおいては、ゲストスピーカーとして中央大学総合政策学部の櫻井秀子先生、およびオリンパス株式会社の別所俊彦様をお招きし、各発表に対してコメントを頂戴しました。
 
新型コロナウイルス感染症に関わる緊急事態宣言下ということでオンラインでの開催となりましたが、4年生はこれまで大学で学修してきた集大成としての卒論プレゼンテーションを、3年生はゼミでの学修成果をそれぞれ披露する貴重な機会となりました。
 
潜道ゼミナールは経営学、長尾ゼミナールはコミュニケーション学がテーマです。しかし、それぞれのテーマ設定が、各ゼミで学んでいることとは異なり、我々の普段の生活に関わるものであったり、これまで全く知らなかったことだったりしたことから、お互いのゼミにとって新鮮に感じられました。例えば、潜道ゼミナールの「そろばん塾の経営戦略」や長尾ゼミナールの「冬と恋愛の関係性」など、着眼点に面白味を感じました。10分間のプレゼンテーションに続く5分間の質疑応答の時間には、活発な意見交換が行われ、双方にとって学びが深まる合同ゼミ研究発表会となりました。

潜道ゼミナール、長尾ゼミナール共に、来年度、3年生は卒業論文の執筆を行います。今回の合同発表会で得た学びをヒントに研究に取り組みたいと思います。
 
(文責:潜道ゼミナール 福井康貴、長尾ゼミナール 小山未紗)

TOOLS