HOME商学部NEWS
2021年09月15日NEWS

松田琢磨教授がDaily Cargo臨時増刊号(2021年号)でコメントしました

商学部の松田琢磨教授が参加した座談会の記事が、Daily Cargo臨時増刊号(海事プレス社)の「地方港縦断2021」に掲載されました。
この座談会「地方港インセンティブの“直感”と“実態”」は松田教授が共同で発表した「地方コンテナ港のインセンティブ助成の実証分析」(日本物流学会誌第28 号)に対する反響を受けて行われました。座談会には、論文の共同執筆者である石巻専修大学の渡邊壽大助教、東京大学の川崎智也講師に加え、海事プレス社の記者も参加しました。
なかでは、研究論文をもとに、地方港が荷主や海運会社に与える補助金制度や地域振興のあり方についてのコメントがみられています。松田教授は「地方コンテナ港の振興については輸出貨物をどう増やしていくかが課題であり、そのためには港湾行政と各地方の産業振興政策との連携が重要」などとコメントしています。

Daily Cargo臨時増刊号地方港縦断2021
掲載記事

掲載紙の書影1

掲載誌の書影2

TOOLS