HOME学部概要 国際ビジネス学科

教員が伝える授業のリアル

国際ビジネス学科

20191210_business

左から順に、芦田誠教授、長尾素子教授、太田実教授、山村延郎教授、海老名一郎准教授、佐藤幸志教授です。

目次

国際ビジネス学科での学びについて

Question1 国際ビジネス学科では何を学びますか。経営学科との学びの違いについて教えて下さい。

海老名先生:企業活動について学ぶ点は経営学科と同じですが、国際ビジネス学科では、国際的な企業活動における課題について集中的に学びます。
 
山村先生:国際ビジネス学科では、多様な文化・商慣習・通貨がある条件下での商学・経営学を学びます。経営学科・会計学科だけで学ぶと、理論が開発された先進国、特にアメリカを標準に考える傾向に陥りやすいですが、国際ビジネス学科では、いろいろな国があるというのが前提で、その違いを知るために学んでいきます。
 
佐藤先生:世界で活躍できるビジネスパーソンの育成が国際ビジネス学科の目的です。最大の特色は国際ビジネスで求められる「専門知識」およびビジネス英語やコミュニケーションなどの「スキル」の両方を修得することにあります。その一例として3年次まで英語の必修科目があり、かなりユニークなカリキュラムになっていると思います。経営学科にはない専門科目が多数あります。

Question2 国際ビジネス学科には、国際ビジネスコースとホスピタリティ・ビジネスコースの2コースが導入されるのですが、それぞれのコースの特徴を教えて下さい。

海老名先生:国際ビジネスコースでは、 商品の貿易や金融・保険などサービス分野における国際的な企業活動に関して学びます。ホスピタリティ・ビジネスコースでは、観光やスポーツなどホスピタリティが重要な産業分野における課題を学びます。

Question3 2つのコースで学ぶとどのような力(知識や資質)がつくのでしょうか。何ができるようになりますか。

太田先生:国際ビジネスコースは、「貿易」分野、「サービス」分野と「コミュニケーション」分野を修得し、それを活かして優れた思考力・判断力・表現力を実践できる高いコミュニケーション力を身につけた人材を育成します。ホスピタリティ・ビジネスコースは、「ホスピタリティ・ビジネス」分野と「コミュニケーション」分野を修得し、それを活かして優れた思考力・判断力・表現力を実践できる高いコミュニケーション力を身につけた人材を育成します。それぞれで専門性と総合性を学ぶことができます。加えて、2つのコースに共通してコミュニケーション関連科目をそろえており、世界のどこに行っても通用する人材を育成します。

科目群の特徴について

Question4 貿易部門(科目群)では何を学びますか。どのような力がつくのでしょうか。

武上先生:日本と世界の貿易の歴史、発達、今後の将来について具体的に学びます。資源の無い経済大国の日本では貿易の知識と技能が重要な学びです。
 
山村先生:モノの国際取引とその移動に関する理論、歴史、情勢を研究する物流分野を学びます。

Question5 ホスピタリティ・ビジネス部門(科目群)では何を学びますか。どのような力がつくのでしょうか。

山村先生:ヒトの国際的な移動に関係する旅行・観光・交通の分野と、人口動態の変化に対処する健康産業・スポーツ分野について理論・歴史・情勢を学びます。
 
太田先生:旅行業講座、観光概論、観光ビジネス論、交通論、健康介護ビジネス論など、観光及びホスピタリティマインドが求められるビジネスを主な対象として学びます。

Question6 サービスビジネス部門(科目群)では何を学びますか。どのような力がつくのでしょうか。

宮地先生:国際金融システム論、外国為替実務論、リスクマネジメント論、環境ビジネス論などの科目で、国際取引の基礎を理解するために必要な知識・情報を得ることができます。
 
山村先生:カネやコンテンツなど実体のないものの国際取引に関する理論、歴史、情勢を学びます。

Question7 コミュニケーション部門(科目群)では何を学びますか。どのような力がつくのでしょうか。

鄭先生:コミュニケーションに関する理論を学ぶ授業、実践的なスキルを学ぶ授業、ビジネス英語を学ぶ授業が配置されています。この科目群を通して、学生たちは国際ビジネスに必要なコミュニケーション能力を向上させることができます。

Question8 ビジネス英語部門(科目群)では何を学びますか。どのような力がつくのでしょうか。

長尾先生:貿易を含む国際ビジネスでは共通語が英語です。中国と日本の取引においても英語が介在します。英語をコミュニケーションツールとして使えるようになることが目的です。
 
山村先生:国際取引の共通語化しているビジネス英語の学習を通じて、誤解をしない理解力、誤解を生まない表現力を訓練します。

Question9 ビジネス英語って何ですか。英語が苦手なのですが、大丈夫でしょうか。

山村先生:ビジネス英語は、日常会話と違って、対応するシチュエーションも覚えるルールも限られていて特殊なので、一般英語の不得意な人でも大丈夫です。
 
長尾先生:苦手であっても嫌いでなければ、大学に入って伸ばすことは十分可能です。

資格について

Question10 国際ビジネス学科には実務や資格検定試験対応の授業がありますか。

太田先生:国家資格である通関士に対応した「通関業講座」、同じく国家資格である旅行業務取扱管理者に対応した「旅行業講座」があります。また、「Intermediate Business English」、「国際秘書実務」なども資格と直接対応している科目です。
 
武上先生:貿易関係は、「貿易実務検定」(貿易実務論)、「外為検定」(貿易4年ゼミ)などがあります。

就職について

Question11 国際ビジネス学科の卒業生はどのような職業について活躍していますか。

太田先生:国際ビジネスコースでは、国内外の商社、貿易会社、多国籍企業の本部または諸外国の支店など国際的な職場で従業員のコミュニケーションを円滑にする職務において、優れた能力を発揮する人材を養成します。
また、ホスピタリティ・ビジネスコースでは、国内外の観光産業、金融業等の分野、また、多国籍企業の本部または諸外国の支店など国際的な職場で従業員のコミュニケーションを円滑にする職務において、優れた能力を発揮する人材を養成します。
私のゼミでは、旅行関係や航空関係を希望する学生が多くいます。今年は客室乗務員(CA)に内定した学生もいます。
 
佐藤先生:自分のゼミ生の場合、年によっても異なりますが、商社、流通、物流、アパレル、メーカー、金融、IT、建設、公務員等々、進路はかなり幅広いと思います。
 
山村先生:私のゼミでは、銀行、証券、建設、お笑い芸人の見習いなど様々です。

海外研修について

Question12 国際ビジネス学科の学生は在学中に全員、海外研修に行かなければならないのですか。

鄭先生:海外研修は必修ではありませんが、拓殖大学では1週間から1年間までの様々な海外研修プログラムを用意しています。国際ビジネス学科の学生には、一度はパスポートをもって海外に出ることを勧めています。海外に出ることで得られる学びは、国際ビジネスを目指す学生の将来に必ず役立ちます。

鄭ゼミナールの海外研修の様子

20191210_busines_02

20191210_busines_03

2019年9月:上海にて実施

専任教員の担当科目とゼミナール活動について

Question13 先生方が担当する科目について特徴を教えて下さい。

太田先生:「観光概論」は、はじめて観光学を学ぶ学生を対象にした専門導入的な科目です。観光学の基本的概念を理解するとともに、「観光」に係る共通の基礎となる必須知識を習得することを目的としています。「観光学」というのは極めて学際的であり、社会学、経営学、文化人類学、心理学などからのさまざまなからのアプローチによって成立しています。多面的に「観光」という事象を知ることで、より深い知識を得ることができます。
 
武上先生:「貿易政策論」では、世界貿易のグローバル標準を具体的に学びます。
 
海老名先生:「国際通商戦略論」では、国際通商関係(貿易や国際投資など)についての歴史的な展開と、現代における課題を論じます。各国の政治的な対立が国際貿易に影響を与えたり、逆に経済関係が国際政治に影響を与えることを学びます。アメリカ-中国間や日本-韓国間での貿易摩擦と政治的な対立など、今日的な課題を題材に議論を行っています。
 
宮地先生:「リスクマネジメント論」を学ぶことで、身のまわりにある様ざまなリスクの存在に気付くことができます。また、個人や企業のリスクへの対処方法についても理解がすすむでしょう。「リスク」を通して社会・経済について考えるツールを身につけることは、生きていく上での大きなたすけとなるはずです。
 
佐藤先生:「入門国際ビジネス」は、国際ビジネス学科の全員が履修しなければいけない必修科目です。ビジネスの専門知識と英語・コミュニケーションの両方を学ぶのは国際ビジネス学科の学びの特色ですが、そのうちのビジネスの学修の基盤になるよう「ビジネスとは何か?」というもっとも基本的な問いからスタートし、最終的にはもっとも基本的な国際ビジネスの方法である貿易について理論(どうして貿易が起きるのか)や実務(どうやって貿易取引をするのか)の基本について学びます。 
 
長尾先生:「入門ビジネスコミュニケーション」では、ビジネスで必要な良好な人間関係を構築するために必要な知識やスキルを学びます。留学生を含む多様なクラスメートとグループワークを通じて、コミュニケーションを実践していくアクティブラーニングを取り入れた授業です。受講生は、積極的に参加する姿勢が求められます。
 
山村先生:「国際金融システム論」では、海外の見知らぬ客との取引を実現するため確実にお金を支払ってもらう制度として作られた為替の理論、平和のために市場を統合しようと通貨に踏み切ったヨーロッパの歴史、国際的に投資をしている投資家や企業の実態などを紹介します。金融のグローバル化が進む中で南北格差が拡大し、自国中心主義の国も増えていくという今日的な問題の解決の道を探っていきます。
 
鄭先生:私は、「国際ビジネスコミュニケーション論 」を担当しています。国際ビジネスのグローバル化が進む中で、「異」文化という環境で国際ビジネスを行う際におけるコミュニケーション問題は、これからの国際ビジネスマンにとって真剣に取り組んでいかなければならない最も重要な課題の一つとなっています。また、インバウンドビジネスから始め、国内ビジネスのグローバル化及び組織の多様化も、益々注目される課題です。この授業を通して、グローバルビジネス環境の中で職務を遂行するための新しいマインドセット、知識とコミュニケーション能力を、視点・知識・スキルの三つの層に分けて提供しています。

Question14 先生方が担当するゼミナールではどのような活動をしていますか。

太田先生:旅行業や航空産業等の業界研究や企業研究を行っています。また、旅行会社の協力をいただき、旅行商品の企画も行っています。その他、旅行会社や航空会社への実地見学等も実施しています。
 
武上先生:資格取得、企業訪問、貿易施設見学など行っております。
 
海老名先生:社会科学のさまざまな問題について、現実のデータを統計的な手法で解析します。社会格差、教育問題、吹奏楽の振興策などゼミの学生がそれぞれの課題を持ち寄って分析し、プレゼンテーションや卒業論文の作成を行っています。
 
宮地先生:全国学生保険学ゼミナール(Risk and Insurance Seminar、通称RIS)というインゼミへの参加をゼミナール活動の柱にしています。各エリア(関東、関西、九州)での年2回の研究報告会、年1回の全国大会を経て、論文集を発行する活動を2009年度から継続しています。ゼミ生には、学内外を問わず、積極的に様ざまなことに挑戦することを勧めています。今年度は、ソウルで開催された「保険アイデアコンテスト」で、ゼミ生3名が英語による報告を行い、奨励賞を受賞しました。
 
佐藤先生:「ビジネスシステム(ビジネスの仕組み)」という視点から(国際)ビジネスを研究しています。まず思考のためのツールとしてビジネスシステムに関する理論的な知識を学んだ上で、実際の企業を取り上げて事例研究をしてもらいプレゼン、ディスカッションをしています。また、他大学との交流も行っており、特に例年12月に実施する合同ゼミは6~7大学、100名前後が参加する一大イベントとなっています。
 
長尾先生:コミュニケーションに関する理論や概念を学ぶ傍ら、企業や他のゼミと協働しながら様々なプロジェクトを企画実践しています。プロジェクトを通じて、経産省が提唱する企業や社会で求められる「社会人基礎力」を身に着けることを目標としています。
 
山村先生:毎年、証券研究学生連盟の全国ゼミナール大会に出ています。その出場するための論文を準備するかたわら、現実的な課題・時の話題を理解しつつ、理論や古典的な事例を学修しています。
 
鄭先生:毎年、コミュニケーションに関する発表大会に参加し、学生の研究発表を行っています。また、優秀な研究論文を研究所に投稿し、入賞を果たしています。ビジネスの実践力を身に着けるため、毎年、学生チャレンジと社会人基礎力に参加しています。それから、企業訪問とプロジェクトベースを中心とする海外研修を毎年行っています。
以上、国際ビジネス学科の学びのポイントや授業の特徴などを紹介いたしました。
(2019年12月10日公開)

TOOLS