HOME学部概要 英語科目

教員が伝える授業のリアル

英語科目

商学部では、ビジネスを行うためのツールとして英語を修得していくことを目的とした英語教育にも力をいれています。今回は、英語教育担当の先生方に英語科目のねらいや学びのポイント、授業の特徴や資格取得等について、Q&A形式で聞いてみました。

20191223_english_01

左から、長尾素子教授、三井美穂准教授、鄭 偉准教授です。

Question1 なぜ商学部で(外国語学部ではないのに)英語を学ぶ必要があるのでしょうか。

長尾先生:国内であっても企業はどんどんグローバル化しており、もはや海外と繋がらずに仕事をすることが難しい時代になっています。海外取引は、たとえ中国と日本であっても、共通のビジネス言語は英語です。外国語学部の英語は、言語構造や音声などが研究対象になりますが、商学部の英語は、ビジネスを行うためのツールとして英語を修得していくことが目的となります。スムーズにビジネスを行うための必要なスキルです。つまり、  「英語×コミュニケーション」は、ビジネス(ヒト・モノ・カネ・情報)をつなぐツールといえます。

20191223_english_02

Question2 拓殖大学商学部の英語の学びの特徴を教えて下さい。

三井先生:必修英語の目標は2つあります。1つはいつも友人と話題にするようなテーマが英語で話せるようになることです。そこから卒業までには、オフィス内でのやり取りが英語でできる、ビジネス文書が英語で作成できる、プレゼンが英語でできる、などビジネスに特化した英語力を磨いていきます。
必修英語のもう1つの目標はTOEICのスコアを伸ばすことです。英語を使った職業に就きたい人には、高得点が必要となってきます。
どちらとも、将来グローバルな場に出たときに役に立つような実践的な英語を身に着けるためのものです。さらに「英語特定プログラム」というビジネス英語の達人になるためのプログラムもあります。
国際ビジネス学科の学生は留学生と同じ教室で授業を受けます。ちょっとしたグローバル社会ですね。どこの国から来た留学生とも英語で話します。英語を使う機会は思ったより多いと思いますよ。
選択科目のほとんどはネイティブの先生が英語で教える授業です。オーラル・コミュニケーションとビジネス英語に重点をおいて、レベルもたくさん用意しています。
 
鄭先生:英語の学修によって、異なる世界観と価値観を身につけられます。また、多様な視点を持って世界と他者と接しているような英語を学べます。これらのことは、言葉としての「英語」より、これからのグローバルビジネスの文脈にとって必要な英語となります。

20191223_english_03

『拓殖大学商学部がめざす外国語の学び』より。

Question3 なぜ2年間にわたって英語科目が週2コマ必修なのでしょうか。何を学修するのでしょうか。2年間学んだら何ができるようになるのでしょうか。

三井先生:Freshman English AはTOEICに対応できる英語力を身に着けるための授業です。Freshman English Bは言いたいことをあきらめないで言えるようになるための練習をします。Freshman English A/Bは1年生用で、受験英語から実用英語に向かう橋渡し的な授業です。まだビジネスの専門も勉強していないのに、いきなりビジネス英語に取り掛かるのは大変です。Basic Business Englishは2年生用でビジネス英語の基礎的な語彙や、シチュエーションごとによくある話題を英語で学びます。3年生のIntermediate Business English では国際ビジネスに関わる業務を英語でこなせるように学びます。

Question4 拓殖大学商学部の英語科目を学んで取れる資格試験や検定試験について教えて下さい。

長尾先生:TOEICやTOEFLなどのスコアアップの授業、日商ビジネス英語検定3級、2級を目指す授業、国際秘書検定対策の授業など、高度な英語力を必要とする資格、検定対策のための学修機会を用意しています。
 
三井先生:大学でTOEICを受ける機会もあります。授業で培った英語力を試すチャンスです。

Question5  TOEICとTOEFLの違いとそれぞれの特徴を教えて下さい。

鄭先生:ビジネスのために必要な英語で、応用が重視されているのがTOEICです。TOEFLは、アカデミックな学修や研究用の英語の試験です。努力している学生には、TOEICで900点以上の点数を取る学生もいます。

Question6 ビジネス英語ってなんですか。日商ビジネス英語検定試験ってなんですか。

鄭先生:ビジネス英語はただビジネスに関することを日本語で考えた上、英語で伝えることだけではありません。言葉としての英語以上に、英語のロジックとコミュニケーションスタイルを持って考え、そしてアウトプットする作業です。よく、ビジネスにおける文化対応力について聞かれるとき、相手の言葉、相手のロジック、相手のスタイルを持って、自分のメッセージを伝える能力だと説明していますが、ビジネス英語の場合も同様な感覚とアプローチを身に着ける必要があります。
 
長尾先生:ビジネスで使う日本語は、普段友だち同士で使っている日本語と異なりますね。形式的で丁寧な表現がたくさんあります。ビジネス英語も同様です。形式的で丁寧な表現、友だち同士ではあまり使わない表現をたくさん学びます。ビジネスで必要とされる「きちんとした」英語と考えてください。「きちんとした」英語が使えると、ビジネスがスムーズに、そして信頼関係を築くことが容易になります。
日商ビジネス英語検定試験というのは、貿易実務を中心とした国際取引に関する知識と実務に必要な英語力を試す試験です。3級は入社前に身につけておくべき基本レベル、2級は入社2年くらいまでに取得するレベルです。商学部では国際ビジネス学科の約6割が3級を取得しています。そのうち多くの学生が2級を目指しますが、合格に至るのは毎年5~6名です。

Question7 英語が苦手なのですが、ついていけるか心配です…

鄭先生:4月にクラス分けテストを行っており、レベルに応じたクラスを履修します。大学で学ぶ英語はビジネスで必要な実践的な英語であり、高校までの授業で英語が苦手だった人でも心配はいりません。各自の能力に応じてステップアップできるカリキュラムになっています。不安な場合は、アドバイザーや英語の担当教員に相談してください。各自で最も効果的な4年間の学修メニューをアドバイスしてくれます。

Question8 ネイティブの先生の授業はありますか?

三井先生:上位クラスでは必修英語もネイティブの先生が担当します。選択科目は初級から上級までほとんどがネイティブの先生なので、どのレベルでも英語でのコミュニケーションが可能です。挑戦してみてください。

Question9 先生方のゼミナールではどのようなことを学べるのかを教えて下さい。

三井先生:私のゼミは映画を通じてアメリカというものを理解しようというゼミです。英語を聞いたり読んだりしますが、英語で話し合うこともあります。アメリカ人の嗜好や風俗、文化を知っておくと、ビジネスでも生かせるのではないかと思います。
 
長尾先生:国際ビジネスに必要なのは、英語とともにコミュニケーション能力です。私のゼミは、異文化コミュニケーション研究をテーマとしており、コミュニケーションに関する理論や概念を学ぶ傍ら、企業や他のゼミと協働しながら様々なプロジェクトを企画実践しています。グローバル人材に必要な「社会人基礎力」を身に着けることを目標としています。

20191223_english_04

20191223_english_05

ゼミナールの様子
鄭先生:ビジネス英語プレゼンテーションの授業において、ビジネスの枠組みとスキルを取り入れ、英語によるプレゼンテーションのメソッドとスタイルをもって行うプレゼンテーションを、実践的に学修する場としています。授業というよりも、料理教室の感覚で、食材の仕入れから最後、料理を出すまでの体験的学修を行っています。
以上、商学部の英語教育について紹介致しました。
(2019年12月23日公開)

TOOLS